あなたは誰よりも自分を傷つける方法を知っている

自分を守る
この記事は約3分で読めます。

自分を否定していませんか?

今ある現実は全て、あなた自身が努力して作り、手にしたものです。

その過程や思いを1番知っている人は、誰でもないあなた自身ですよね。

例えばあなたがなにか大きな失敗をしたとき、

上司から「お前はそんなことも出来ないのか!」と責められたとき、

あなたは自分についてどう思いますか

あなた
あなた

そんなことって!

初めから仕事が多すぎたし、それは上司の責任だわ。

私の問題じゃない。

私はベストを尽くした。

そんな事より、こんな所で怒鳴るなんてパワハラでは?

自分を守れますか?

あなた
あなた

そうだ、私はこんなことも出来ない!

なんで出来ないんだろう。

私はダメなやつだ…

と上司に賛同し、他人以上に自分を責めていませんか?

あなたの批判は他の誰よりも深く刺さる

他の誰があなたを否定しようとも、あなたが否定しなければ、

実はその批判は心に刺さりません

例えば、あなたが身長がとても低いとしましょう。

明らかに自分は背が低い、そしてそこが気に入っていると思っていたとしたら?

「チビ!」という他人の言葉、はあなたに刺さりません

あなた
あなた

私は背が低いけど、それが何?

と気にならないのです。

対して、背の低さを否定的に捉えていたらどうでしょう。

背の低さにコンプレックスを抱いていたら?
  • 「私は背が低い」
  • 「背が低いからスタイルが悪く見えるのだ」
  • 「もっと背が高ければなぁ」

「チビ!」は心に刺さるどころか、

あなた
あなた

やっぱり背が低いことはだめなんだ!

背が低い自分はなんてかっこ悪いんだろう・・・

・・・とそのに批判を自ら大きくし、自身で自分を大きく傷つけます

あなたの最大の敵は、批判的なあなた自身です

先程は背の低さを例に出しましたが、

あなたは誰よりも自分のコンプレックスを知っています。

そのあなた自身から、的確に弱点を狙った攻撃を受ける時のダメージの大きさは

計り知れません。

「自己否定」はそれだけしんどい事なのです。

自分に厳しい、自分から嫌われるということは、

世界中の人に嫌われるよりもつらいことです。

自分にとって1番の味方でいよう

逆を言えば、

なたさえ自分の味方でいれば、他人の批判は大して怖くないということです。

「私はいい所も悪い所も含めて素晴らしいのだ。」という大前提を持ち、

批判されても真に受けないことです。

「たしかにちょっと失敗しちゃったけど、私は素晴らしいし次は絶対大丈夫!」と

いつも自分を励ましてあげてください。

あなたは、あなた自身の1番の理解者となり人生を勇気づけてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました