努力は意味がない!頑張らない・我慢しなければ幸せになれる!

自分と向き合う
この記事は約5分で読めます。

あなたは今、「頑張らなくては。」「努力しなくちゃ。」「でもしんどい。」

なんて苦しんでいませんか?

キラキラ前向きな誰かをみて眩しく感じたり、

誰かと比較して「それに比べて自分は…」と

落ち込んだり自己否定していませんか?

その「頑張り」その「努力」辞めたほうが幸せになれます。

この記事は、そんなあなたが苦しみから開放され、

楽しい毎日を過ごせるようにと思って書いています。

頑張るな!我慢はするな!努力なんか、してはいけない

はっきり申し上げますと頑張ってはいけません

努力しなくちゃ、頑張らなくちゃ・・・というのは要するに我慢です。

我慢を強いる人生が、幸せだと思いますか?

あなたはありのままでいい、好きなものに囲まれて、楽しいことだけしていられる。

幸せはそういうところにあるはずです。

自分に我慢させたまま、幸せになどなれないのです。

幸せになりたいのなら、一刻も早く

我慢しなくていい環境を整えていかなくてはなりません。

その環境を作るために、努力はすべきなのです。

頑張ってるということは、やりたくないことをしている

あなたは自分の本当の思いを無視しています

本当のあなたは「頑張りたい」と思っていません

もうひとりのあなたが、

「頑張らないと不幸になるよ」とか

「みんな頑張ってるんだから私も頑張らないと」とか、

「私なんて、努力しないと人並みになれない」とか、

恐ろしい呪いの言葉をかけているのです。

そんなふうに脅されてする努力の先に、達成感や幸せがあるでしょうか?

あなたのその努力は、不足感からきています。

もし結果が出ても、「努力しないよりはマシだった。」という安堵感し、

もし結果が出なければ「私はだめなやつだ」と自己否定します。

これではマイナス(自己否定)、よくて0(マイナスにならなかったという安堵感)。

永遠にプラスになりません

これではあなたの人生は苦しいままなのです。

正しい頑張りは、不足感からではなく

「もっとこうなりたいな」「もっと出来るようになりたい」「やってると楽しいからもっとやりたい」という風に

満たされた上で更にそれを増やすようなものです。

欠点(不足)をなんとかマシにしようという

自分の不足感にフォーカスした思いからきているものではなく、

長所をもっと伸ばそうという前向きなものであるべきなのです。

努力なんかしなくても好きなら勝手にやっている

「頑張らなくちゃ」「努力しなくちゃ」と思っている、

つまりそれは、あなたのしたいことではないのです。

本当に好きなこと、楽しいこと、つまりしたいことなら

「頑張らなくちゃ」などと思わず勝手に行動し、時間を作り費やしているものです。

不安に駆り立てられてしているその努力は、

本当のあなたはそんな事したくないと思っています。

やりたくないことをしている、

つまり我慢しているその先に、幸せはないことに気付いて下さい。

その努力を続ける、やめる、勇気がいるのはどちらですか?

勇気がいるほうが、今あなたに必要な選択です

努力しなくちゃ成長出来ない?

でも努力しないといけないでしょ?

頑張らないと成長できないんじゃ・・・

努力しなくていいってどういうこと?

など、あなたは疑問に思うかもしれません。

努力は確かに必要なのです。

ただ、頑張りどころは見極めなくてはいけません。

あなたには自分を幸せにする義務があるのですから、

その観点からあなたのその努力は、以下のどれに当てはまるか考えてみて下さい。


○○ = 努力の先のゴール
  1. ○○したいし、楽しいこと 
  2. ○○したいけど、楽しくないこと
  3. ○○したくないけど、楽しいこと
  4. ○○したくないし、楽しくないこと

○○はその努力の先のゴールを入れて下さい。

そしてそのゴールは、必ずあなたの幸せとイコールであることにして下さい。

その上で、1は先にも述べましたとおり、きっと勝手にやってしまうと思います。

頑張りどころは2です

そして3は大した苦労せずに出来てしまうと思います。

気分転換にはいいですが、多くの時間を使ってはいけません。

そして4は絶対にやってはいけません

その時間はあなたの幸せに結びつかないからです。

「頑張らなきゃ」と思った瞬間それをやめよう

不足感は恐ろしいですよね。

「怖い未来がやってくるんじゃないか」という恐怖はみんな持っています。

それでも自分を信じた時、それが妄想であると気付けるはずです。

あなたはそのままでいいんです。

頑張って欠点を補おうとしたり、自分以外の何者かになろうとしないで下さい。

あなたはいま、この時点のそのままでいい。

愛される存在です。

自分の欠点を、愛して下さい。

そうすれば楽になります。

その欠点がなくなれば、頑張ってさえいれば幸せになれると思っているのなら、

それは違います。

自分の欠点を「それもでいい」と思えた人が幸せになっていくのです。

「頑張らなきゃ」は我慢のサインです。

そう思った瞬間、「頑張らなくていい」と自分に許可してあげて下さい

あなたはそのままで、幸せになっていけるのです。