離婚してもいい?離婚すべきか占いするとき、気をつけたい3つのこと!

離婚
この記事は約8分で読めます。

あなたはいま、「離婚した方がいいのかわからない。」「離婚したら後悔するのでは」と

眠れない日々を過ごしていませんか?

「離婚」という強烈なワードが脳裏にめぐるとき、頭のなかは混乱胸は苦しくなります。

「どうしたいか?」より「どうすべきか?」を考え心細くなり、

占いを頼ってみようと思う人は少なくないはず。

「占いにハマるとやばい。」と、みなさん気を付けているはずなのに

不安が大きくなると何かにすがりたくなるのも事実です。

本記事では、占いに依存せず鑑定結果を役立てるためのポイント3つをお伝えします。

さらに占い師の立場から、鑑定前に決めておべきことについてもお話します。

misa

協議離婚&占い師の経験からお話します!

占いは離婚するか決めるためじゃなく、自分の気持ちと向き合うために使う

あなたは占いの鑑定を受けるとき、占いに何を求めていますか?

悩みを抱え、不安な状態で「いい結果が出たらいいな・・・。」と

考える人がほとんどではないでしょうか。

離婚について悩んだとき、占いを思いつく人は多いようです。

かくいう私もそうでした。

離婚は非常にセンシティブな内容かつ、プライベートな問題なので簡単に人に相談できません

離婚経験の有無に関わらず、この問題はその人の価値観によるところが大きいため

他人のアドバイスや意見に深く傷つくことがあります。

かといって一人で抱えるにはあまりにも大きい問題です。

そういったとき、関係のない第三者に相談しようと思うわけですね。

悩みすぎて、

もう、誰かにズバリ答えを言って欲しい!

・・・と、藁にもすがる思いかもしれません。

離婚という大きすぎる問題に直面したあなたが占い鑑定を受けるとき

気をつけて欲しいポイントがあります。

それは、鑑定結果を重要視しないということです。

占いは、未来を予知するためにあるのではありません。

あなたがよりよい人生を生きるために、あります。

いい・悪いに関わらず、占い結果を呪いのように信じる方がたまにいらっしゃいますが

それは本末転倒なんです。

占い鑑定の結果を見て・聞いて、あなたがどう感じたか

あなたが何を決断するか、どう行動するか

ここを明確にするためにあるのです。

占いの結果だけを見てると占い依存症になる

占い依存症という言葉を聞いたことはありますか?

占いジプシーなんて言い方もあるようです。

占いの館に出向かなくても、電話占いやメール占いなど

気軽に占い師と繋がれるようになってきました。

それ自体はよいことですが、その手軽さから依存する人が増えているようです。

占い依存とは、薬物依存のように

占いなしでは生きられない!!

と、占いに費やす時間お金に歯止めが効かなくなる状態です。

なぜ占い依存になるのかというと、占いの結果に固執するからです。

その結果がいいか、悪いか。

要するに望んだ結果だったか、望まない結果だったのか。

悪い結果(望まない結果)であれば他の占い師を探し、

よい結果(望む結果)であれば喜んで、その占い師にまたみてもらいたくなります。

おそらく依存してる本人は、なぜ占い依存に陥ってるのかわからないのでしょう。

客観性を失い、依存することが辞められなくなります。

占いを受ける私達がしっかり知っておくべきことは、

占いを受けたくなったとき=めちゃくちゃしんどいとき!ってことです。

要するに、何かに依存しやすい状態なのです。

そしてどんなにしんどくても、人生を切り開き

事態を好転させるのは自分しかいないのです。

占いは、あなたの人生をよくも悪くもしてくれません。

占い師も、あなたの人生にとって脇役でしかないんです。

大切なのは人生の答えを他人に求めることではなく、

占い結果を受けて、それを人生に生かすことです。

占い結果を生かすために気をつけて欲しい3つのこと

占い鑑定を受けて、その結果を自分の人生に生かすために

気をつけるべきポイントについてお話します。

占いの答えは「聞いた自分がどう思ったか」。占いの「鑑定結果」じゃない!

静かな池に、石を投げ込んだら水面に波紋が広がりますよね。

占いは、投げ込んだ石です。

注目すべきは石ではなく、波紋(自分の気持ちの動き)なんです。

鑑定結果を受けて、

それは違う!

と思うのか、

やっぱりそうなんだ!

と思うのか。

ここに注目して下さい。

「ピンとこないな」「腑に落ちない、納得出来ない」と思うなら、それが答えです。

鑑定を受けたあと、行動につながらないとしたら

あなたはその占いを活かせていません。

人生を好転させるには、行動しなくてはいけません。

いっときの安心を得たとしても、行動して状況を動かさない限り

また同じ不安に戻ってきて、また安心を外に求めてしまうからです。

何を聞きたいと思っているか、認識する

結果ばかり気にしてしまうのは、自分の状況を客観視できていないためです。

いま何を聞きたいのか、占いを通してどう行動につなげようと思っているのか。

自分でしっかりわかっていれば、結果の聞き方は違いますよね。

自分がいま何を不安に感じてるか、占いで何を聞きたいと思ってるのか。

それがわからないまま占いに行くと、

結果をそのまま「自分はそう思っているんだ」とか「未来はこうなるんだ。」と

言葉を受け取って、それで終わってしまいます

対して、「悩んでるから、整理するためにとにかく話したい。」とか、

「こういう未来にするために、どう行動したら良いのかアドバイスがほしい。」など

具体的に目的を持っていたらどうでしょうか?

結果に対して「そうなんだ。」とはなりません。

アドバイスに納得できなくても出来ないなりに、「じゃあ自分はどうしたいのか?」と

自分の本音にアプローチする手段になります。

自分の本心を見つけたら、占いの役目は終わり

鑑定の良し悪しではなく、自分の本心はこう思っている、

自分はこういう未来を作りたい、と認識できたら占いの役目はそこでおしまいです。

良い未来が来るとか、未来は暗いとか、言われると思いますが

その結果は現時点から見た未来ですから

あなたが認識を改めて、行動を変えたら確実に違う未来になります

だから結果はどうでもいいのです。

結果に一喜一憂せず、その次の行動が大事なんです。

幸せになるために、いい未来に生きるために、

どう行動するか、大事なのはそれだけです。

占いを終えたら、行動を決めよう

鑑定を終えたとき、必ず行動を決めて下さい。

よかった〜!

とか

当たってなかったなぁ〜

で終えないで下さい。

あなたがもし、鑑定を受けたあと

なんの行動にもつながらなかったとしたら、

その占いを活かせていない証拠です。

人生を好転させるには、行動しなくてはいけません。

いっときの安心を得たとしても、行動して状況を動かさない限り

また同じ不安が戻ってきます。

そうしたら、また安心を外に求めてしまうからです。

占いで気持ちが軽くなって、前向きになれたでしょうか。

もし前向きになれないなら、それはあなたにとって悪い占い師です。

あの占い師とは、合わなかった。

と、忘れてしまいましょう。

よい占い師は気持ちを前向きにしてくれます。

気持ちが前向きであれば、行動が変わります。

行動が変われば習慣が変わります。

習慣が変われば人生が変わります。

気持ちの変化で満足せず、行動につなげること

よりよい人生にするために大切なことです。

占い鑑定に行く前に決めておくべきポイント

よい占い師、悪い占い師、などと

やや過激な発言(?)をしましたが

鑑定をする者として、占いを無駄にしないために

占いの前に決めておくべきポイントをお話しようと思います。

占い前に整理しておくことリスト
  • (問題の経緯)なぜ離婚したいと思ったのか
  • (問題の障害)なぜ離婚できずにいるのか
  • (未来)どうなりたいと思っているのか
  • (アクション)現状出来る行動はどんなものがあるか

わたしが鑑定するとき感じるのですが、

何を悩んでいるかわからない状態で来る方はけっこう多いです。

(個人的にはその問題の整理も仕事のうちと思っています。)

悩みすぎて混乱している場合と、

そもそも自分を客観視するのが苦手な場合にわけられると感じています。

占い師に話す前に、上記を確認しておくと以下のメリットがあります。

占いでの満足を得やすい

占い師への相談内容の説明時間を短くできます。

相談の時間が短いと、リーディングやアドバイス時間が増え、満足を得やすいですね。

ほしい鑑定結果が得られる

時間配分の関係で相談内容を最後まで話せない場合があります。

表面的な相談から鑑定が始まれば、当然ですが的はずれな鑑定を受けることになってしまいます。

鑑定結果を行動につなげられる

「彼の気持ちが知りたい」と「彼に対しどの行動が一番効果的か知りたい」は全く違いますね。

ここは本当に意識すべきだと思います。

占い師によっては、きちんと行動を示してくれるかもしれませんが

「彼はあなたのことを大事に思ってるみたいね。」で終わる可能性もあるからです。

あなたを幸せに導くのは、あなたの本心に従ったときだけ

自分を幸せにするためには、いつも自分に嘘をつかず素直にいることです。

そして行動に移すことです。

占いで「未来はハッピーだよ!」と言われても

その結果にあぐらをかいて行動せずにいれば、

ハッピーな未来はくるでしょうか?

その時「あの占いはずれてる!」と言っても何にもならないです。

占い結果はどうでもいいんです。

大事なのは、あなた自身がどう思っているのか。どうしたいのか。

そしてほしい未来に向かって何をするのか。

どう行動するのか?です。

本心に従って、行動すれば必ず明るい未来はやってきます。

しんどい今日が、明日も続くとは限りません。

希望を胸に、暗いトンネルを歩いた人だけが出口にたどり着けるのです。